出鼻くじかれがち

2015/09/27 17:21
こんにちは
最近出鼻くじかれがちなわたしです。

通り道にあるちょっと気になっていたハンバーグ屋さんに行こうとしたら、肝心の一番都合の良いその曜日が定休日でした。
珍しく買い物をしようかなと思ったらいろいろあって買うにいたりませんでした。×3
フェルトの続きをやろうと思ったら作ってあった頭部が消失していました。地味にかなしい。

結果しばらく節約しようという名目の元ではありながらも実際のところ単に外食欲が減退、少し上昇気味だった買い物欲も消え失せ、フェルトの制作意欲も失せという感じです。ほかの二つは別に減退しようが構いませんがフェルトは完成までいきたいので出鼻くじかれたことでかなりがくっとなったのは痛いです。

秋になって食欲が戻ってしまったというか、相変わらずお腹はすかないのですがなにかものを口につめたいというやっかいな衝動が戻ってきてしまったので食事のコントロールがしにくくなって困りどころ。
ちょこちょこちょこちょこ半端に食べるくらいなら開き直って3食に戻したほうがいいんだろうか。けど口寂しいと言う理由なら三食にしたところでその間またなにか口に入れたくなるんだろうなと思って複雑です。

うーん、食欲の秋とは言ったものですね。
いつも大体秋ごろ(正確には覚えていませんが)には一食しか食べられない
状態からは脱却している気がします

そういえばこの間超ジャンキーカロリー爆弾なカマンベールベーコンとかいう料理(?)をみかけて多分美味しいだろうなとは思ったもののあれ色々こわすぎだろうと思いました。
ちなみにさつまりこですいーとぽてと作るやつは余ってたのでやってみましたが想像の五倍はスイートポテトでびっくりしました。冷やすと尚良し。
さて超雑記でしたがおわりです。

ぶりぶりてり

2015/09/21 23:05
こんばんは
ねるまでのひつまぶ…ひまつぶし。

私は広義に言って善人とまでは言わないが悪人ではない、一応、と思う。
積極的に他人に危害を加えようとかいうあれはないし。

さっき最初、私は善人ぶっているんだろうか、と思ったけれどそれは何だか語弊があるような気がした。
次に、いい子ぶっているんだろうか、と思ったが、これもいい子ぶると言う単語が既にある程度決まった方向で使われすぎて違う気がした。
その後いい子というフレーズで思い出したのがいい子症候群。長女がなりやすいとよく言われているというか長女あるあるの鉄板? これが一番自分がふと思ったことに近いと思った。

いい子ぶるといいこ症候群何が違うねん!という声も聞こえる気がする これは私的見解だけども、打算が含まれるか含まれないかの違いのように思う。
なにも私は打算的ではないというディフェンスのつもりではないが、いいこ症候群は自然とそうしようという思考になってしまうもの(一種強迫観念のようなもの?)で、いい子ぶるは意図的というかもっと計算の上で成り立っているように感じる

いい子以外のワードを使うなら、物分りのいい子でいたい、とか聞き分けのいい子でいたいとか。それは自然とそうしたいと思ってやっているはずなのになぜかだんだんと自分の心やら気持ちから乖離していくもので。というかあとから乖離していたであろうことに気がつくわけだけど
一度目の時はもうそれに気づくのも遅すぎて気づいたもののもうかなり遠く手繰り寄せることも困難な感じだった そのせいか今でも自分の気持ちそのものとか、その扱い方がよくわからないことがままある そんなのみんなによくあることかもしれないけども。

それは今でももしかして対象と程度は変わって続いているのかもしれない、とふと思った 理性は常に一般論へと私を誘導し、心を無視して世間一般から見て褒められる(までいかなくとも好感を持たれる)ような姿に持っていこうとする
とはいえさすがに一度失敗しているから定期的に気持ちが理性に優って外に出ることがある 相手には多大な迷惑であろうが(申し訳ない)しかし一度目を考えるとかなりの成長(?)である。もっと穏便に両方を尊重して調節出来たらいいんだろうけどそこまではなかなか一筋縄では行かない様子

さてそれを成長と呼ぶのかどうかという話だが、気持ちあっての人間と私は思っているので(性能だけならロボットでいい)冒頭でいったように広義の悪人ではないことを前提として心がある程度出てくることは大事と考えている。
それこそ万人受けする対応だけならロボットでいいわけだし、同じ場面でいろいろみんな違うことを思うからにはそれはある程度その人のアイデンティティにも関わっていると思う だからこそ大事な人の気持ちがあまり見えないとかわからないと複雑な気分になるし少しでも垣間見えると嬉しく思うのではないか、な。

それからこれはまた全く関係ない、
しかし今の私にとっては大きなことだけど
このタイミングでむずむず足になってすごくすごく厳しい。ぬいいいいいい

理想と現実の差

2015/09/12 20:26
このあいだ記事一覧をふとおしたら
9/2の記事が何故か下書きになっていて
びっくりしたわたしです こんにちは

pcがついにペンタブを読み込まなくなり
珍しくこういうの書こうというのが頭にあったんですが断念しました
まあそのあと小さめのスケブにちょろっと書こうとしたら無理だったんで相変わらず絵がかけなくなった状態は継続されているようです

こういうの書こうをやる前にラフくらいの
気持ちで落書きしたらなんだか頭で思ってたものと違うものができました



腰から下がたいへん気に入らないのはさておき
それをさっぴいてもかなりイメージと違うものになったのでどうしてこうなったのか謎を深まるばかり…

AKY

2015/08/30 08:07
おっかいーものーおっかいものー

…っていうCM昔ありましたよね。しろいくまさんのやつ。
この間めずらしく一個くらいなんか買おうかなってなって、
いいなと思った奴の中でリーズナブルな層から一つ買おうと思ったんですよ。
裾のカットワークとか地の感じも好きそうだったショートパンツにしたら
(写真のせようかと思ってやめた)
途中で出品者さんから質問に返事帰って来なくなっちゃってまあ停滞してます。
けどサイズに若干の不安あったし(4サイズ)まあ神のおぼしめしだよ!
この間元から持ってたやつはいたら腰回りすかっとしたし
なんかウエストゆるゆるだと落ち着かないの私だけでしょうか
別に落ちるほどゆるくもないけどなんか気になるよね。
きっと買っても大きかったんだろうと私の中では解釈しております

まあけどそれで一度なんか買おうとしたわけだし
なんか他のにするかーと思ったのがあんま使わなそうあわなそうで
見た目は好きだけどはずしていたおぼうし。
けどあのーなんかまいてるりぼん(???)がぐでぐでしてるのが
ちょっと気になるんだよね!あの飾りの縫い目ね!
そういえばそれとは関係ないんですがここあみさんの帽子たまにつぼです。
全部が全部好きじゃないんですけど正直(すみません)、
カシスのやつとか島田シスターズとか、かわいいです
一つ屋根の下とかもわりと好き あと、あなあきしりーずのまるーいのは
ケーキみたいでかわいいですよね 
自分がかぶるというよりは絵に描きたいかわいさですが。
まあそれでその帽子の話に戻ると、なんか飾りは気になるけど
形と色はわりと好きで、ただなんか既見感あるなあと思ったらあれでしたよ、あれ!
安室ちゃんがpastあんま良い画像がなかったので結局動画見たんですけど
改めてみたら似てないんだこれが 笑
ジャケットの色と帽子の形が混ざってしまったようです頭の中で。
安室ちゃんかぶってる帽子の飾り結構ごついし!
しかしそれ差し引いてもあの衣装わりとすきだったなあ

そういえば数日前あたりからたまたま空き時間にふっと思い出して
ほりみやよんでました。もう何周目かわからんです。
最初によんだの何年前だろう。しかし相変わらずいい。
初期石川の設定とかすっかり忘れててあっそういえばこの人ほりさんあれなんだった・・・!
とかやっと思い出してね 彼はあの透きとおるの話が一番いいな(どこまでも不憫)
あとあの会長の犬はわんこって呼ぶまではいいとして蛙はげこげこで今更つぼる。
あとはもう相変わらずベタに主人公かっぷるが一番好きです。かわいいもの。
いちいち服の丈気にしているとことか体重を心配してケーキ作ってくるとことか
足の包帯で凄く心配するのになぜか途中から変な流れのとことかみかんの手とか
まあいろいろありますがかわいいですよねひたすらね
たまにでるあの沢田さん登場時とかみぞーち君の時の黒いせりふがつぼです
堀家にいらない子とか体温勘違いとかのあたりの。
あとあの70いくつだっけ、あたりの話の珍しく堀さんがいじめられてるの
よかったですね!若干自分のあれとかぶりますけれども!
あともう今更だけど改めてみると京介のテンションがたっかい 笑
とまあそんな感じで、続きも読みたいと思います。

昨日体重計が壊れたのか本当かわからないですが
微妙に新記録(?といっていいものかはわからない)の数値がでてたので
写真でもとっておけばよかったと1ミリくらい思ってます すぐ戻るからね…
もうすぐ食欲の秋ですねぇー 秋の食べ物あんまり好きじゃないんですけどね栗とか。
他に何があったっけ…

さめてもおいしく

2015/07/24 23:40
いただきたいですよね。なにをだよ。
こんばんは 珍しく次に書くことのせるものは実は決まってたんですけど、
夜中に月に何度かだけ来るある意味発作みたいなものが来て目がさめちゃったので
考えたことだけがさがさしてからまた寝ようかと思います
肌もがっさがさになってたので化粧水塗りがてらね

私は、弱くなったと思うんです
当然のことながらそれと引き換えに得られたものを考えたら
それが一概に悪いとは言えないです、もちろん。
けど弱くなったのもまた事実だと思うんです

例えば、私はおわりがくることなんて少しもこわいと思ったことがなかった
痛みや身体的苦しみができるだけ少なければいいなあ、とは
もちろん痛みに弱いので思っていたけど、
そんなの都合のいい願望ということは重々承知していたし
希望的観測といった感じで切に願うものでもなかった
今もそれは勿論痛みや苦しみは少ない方がいいと思っているのはかわらないけど、
大事な人より先におわりを迎えるのは嫌だし、
大事な人には出来るだけおわりがこないでほしいし、
大事な人にもいずれおわりは来ると考えるだけで泣けてくるし
だから、やっぱり私は弱くなったと思うんです

人は大事なものが増えると弱くなると言うのは本当だと思う
けど、同時に同じだけ強くなっているのもまた真実だと思う
強くなった弱くなったと言うのは結局その場面場面が左右していくのであって
その根幹にあるのは同じものだと思うんだよなぁ
弱くなってる分強くもなってるはずなんだけど、やっぱり人に不安ってつきものだから
弱い方に焦点がいきがちなんじゃないかな私も例に漏れずだけど。
強くなってるのを実感するのって難しいしね。
[さめてもおいしく]の続きを読む