どーん

2017/02/04 22:46
書いてた内容がとんじゃってちょっとショックを受けております。
が、書きます。めげない。

私は洋楽も少し聴くのですがかの有名なビヨンセ様は特に意味はなく聴いたことがなくて、この間Youtubeで初めてRun the world tour?のオープニング?を見たんですが面白かったです。
映像をうまく使ってコラボレーションしながら踊っていて、とくに太鼓のバチ、いやドラムと言うべき?がくるくるまわってるのに合わせて持ってるかのような動きでしかもかなり大きく動くんですがよく合わせられるなと。相当綿密にリハーサルしなきゃ無理だよね?と思って少し驚きました。映像の使い方が面白かったです。

あと、流れでリコメンドにでてきたテイラーのBlank Spaceのライブ映像みたんですが、多分TVかなんかのやつで1曲しかなかったであろうこともありセットの力の入りようがすごかったです。ある時は絵本みたいに、ある時は枠がおりてきて額縁の中の絵みたいに、あるときはさながらマジックみたいなこともしてて、仕掛け面白いなぁーと思いました。なんかもうそういうショーみたいだった。
パントマイム的なのを手だけでぶらさがりながらやってるダンサーさんには驚きました。人間の腕力あなどれないですね。

ちなみにこのあとタイタニックのあれで有名なセリーヌ・ディオンがShow must go onを歌っているのをみつけて、しかもなんだかそれが癖になってしまって最近隙あらば聞いてます。
今回で初めて調べたんですけど、彼女って自分を16だかのときに発掘して歌手としてスターダムに押し上げたマネージャーさんと結婚されてたんですね。
旦那さんを最近亡くしてしまったらしいのですが結構年齢差あって(70台と40台)びっくりしていたらそういう理由でした。
海外のアーティストの人はわりとくっついたり別れたり忙しい人が多い中とても仲が良かったようでインタビューとか見ていたら心が痛んだ…。
そんなこんなでした。


で、そもそもなんで適当に洋楽を聞いていたかというと最近英語のモチベーションが少しあがりつつあって、英語を聞きたくなったからです。ただのトークとかだと作業しにくいので中間をとって曲に。

どうも通訳の授業がもう少しで受けられなくなるのが惜しい?寂しい?悲しい?惜しいが一番近いかな、みたいです。なので出来るだけ成長したいなぁと思う様子。
あと最近、以前より少しできるようになったかも?と思える時がたまにあって、それもあるかもしれません。
なぜか職業として目指そう!という炎がメラメラ燃えていたりはしないのが不思議なところですが、就職前にスクールでも通おうかと1回真剣に検討したほどです。(というかまだ少ししてる)でも、職にしないのに行ってどうするよというのはある。

なにがいいのかなぁ、なんか1回1回すごい必死になるんですよ。多分、プロの人も毎回余裕綽々でやっている感じの人はいないのではないかな。一気に色んな能力使って全力で言葉を編み出すのが楽しいのかもしれないなって思います。(でもやった後はいつもあーーできなかったーー!と思う)
ダラダラやるものでもないので、一瞬(といっても文字通りの一瞬ではないですが)がっっとやってふーーとやるのがいいのかな?色々考えますが、例えばどこかに出かけてる時ほど楽しいなぁとその場で自覚できるものでもなく、でもなんとなくやってたいなと思ってしまうものみたいです、私にとっては。

あと二月にちょっとしたお仕事みたいなのがあるんですが、こうなってくるとあちゃー出来なかった!じゃ済まないし、面接とかと違って跳ね返ってくるのが自分だけじゃないのでちょっとびびっていて、そこまでに多少は!!と思っているのもありそう。

単語帳アプリもいいの探したし(初有料アプリ)、本も買ったし、最近は海外ドラマ見る時字幕見ながらセリフ聞き取るようにしてます。

なんにせよ最近は英語が少しぐっ(↑)ときています。まあもともと音が好きから入って半分趣味みたいにやってたようなものなので当たり前といえば当たり前かな。とりあえず波が引くまで、そんなガリガリやるつもりはないけど、すこしぐっ(↑)を、楽しもうかと思います。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

ぐっ!どですね!



ぐれいどぉー



Trackback

Trackback URL:
 Home