せっかち

2017/01/15 21:11
こんにちは。
せっかち伯爵って誰ですか。せっかちってうったら候補にでてきました。
私ではありません。

結構前のことになりますが、母校に行ったとき先生たちに
そんな先の先のことまで心配しすぎなくていいのよ~って言われて
たしかにそういうとこあるなーって初めて気づきました(遅い)
考えてみれば高校生の頃から年金の心配したところで何も変わらないんですよね、一例ですが。
考えたところである意味時間が(100%とは言わないけど)無駄というか。どうにもならないし。

ということをなぜ思い出したかというと。
私よく誰かさんにもの(消耗品でない)をあげてしまう傾向があって、
つい悪い癖でいっつもこんなペースでものあげてて、
二人で出かけたらお土産とかも買うし、将来ものが溢れかえったらどうしようとか思ってしまって
無為な心配をしてしまうんです。(でも結局あげる)
広いんだから余裕だよ!と言ってもらってすこし安心したんですけど、どうしても癖で考えちゃって。
ただ最近その冒頭の出来事を思い出すと同時に気づいたんですけど、
もしそんな悩みが将来発生したとして、それってすごい幸せな悩みなんですよね。
相手を思ってあげたもの、相手からもらったもの、二人で買ったものがたくさんあって困っちゃうなんて
それなら万が一悩むことになってもいいんじゃない、てちょっと思っちゃいました。
嬉しい悲鳴みたいなやつですね。
それに、万が一すごく余裕のある空間にも置ききれなくなったら
それはその時考えればいい話で、取捨選択することになったとしても
それもその時決めれば良くて、それは今から減らしていくよりも断然いいんだろうなーって思うんですよね。
さらにさらに、いちいち心配するよりそう考えたほうが絶対ハッピーでいられる時間が長いんですよね。
(なんかすごい最後の文が胡散臭い感じになってしまいましたが
なんだかんだそれってすごい大事だなって思います。)

特にこの話にオチはないんですが、そう思ったよっていうだけの日記でした。
不幸せじゃないと幸せであるというのは一見イコールに見えて全然違いますよね。
昔は、少なくとも不幸せとか思ったことはそんなにありませんでしたが
その代わり幸せな時間はって聞かれても何も頭に浮かばなかったので、
とてもそう思います。これって、好きと嫌いの関係にも似てますね。
好きじゃないから嫌いとは限らないとはよくいいますが、
二項対立にされがちなものってこの手の誤解が多い気がします。
…オチがないところにまた余計なつぶやきがくっついて
二段オチなしになってしまいました。誰かどうにかして。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

むしろスペース的に現在のペースで行くと全然埋まらないですよ!



Re: タイトルなし

実はあのだるまは単為生殖をして毎年数が増えていくんだ…



Trackback

Trackback URL:
 Home