カプレーゼ

2016/11/01 21:59
こんばんは、一番好きなチーズはパルミジャーノかもしれないけど
今日はモッツァレラを食べた人です。
パルミジャーノって美味しすぎてついつい食べすぎてしまって怖いんですよね、
チーズの中でも塩分とカロリーずば抜けてるので。

それはどうでもいいんですけど、私の長年のモッツァレラに対する疑問、カプレーゼですよ!
あれっておいしいんですかね?別にまずくはないんですけども。
正直あったまってないモッツァレラってオリーブオイルみたいな液体以外とは
まったく親和性がないと思うんですけどどうでしょうか。
カプレーゼなんて頑張って一緒に口に運んでもどうしてもトマトとモッツァレラって感じになります、私だけなのか・・・
ものすごい定番ながら実はあれって本当に相性がいいの?とずっと疑問です。
両方あっためてギリなんじゃないかな、マルゲリータ生地なしみたいな。
LGBTQAの話をこの間されて、LGBTって言ったときQAが入ってないとなんか寂しくなる、みたいな
話を聞いたんですよ。だから意識的に使うようにねって。
わからんでもないです、けどちょっともやっとする。
そもそもマイノリティをまとめて呼ぶのにそれぞれの頭文字なんか使うからいけないんですよね、
分類なんてこれからどんだけ増えるかもわからないのに。
というかもっといえば「どういう人を好きになるか」で人間の大枠区別しようってのが一番意味不明なんですけどね。
一口にじゃあ相手が同性ですって言ったって同性の人間なんか世の中に死ぬほどいるしね、
それだけで大別できるわけもないんですよね、たまたま好きになった人が同性だった、それじゃいけないんですかね。
その相手を性別だけで好きになったはずがないわけで、
だとすると好きになる相手の性別で分ける事自体意味わからないなあと最近(今更ですけど)思いました。
QAけどあれですね、万一「好きになる相手の性別」を前提にLGBTなんかがあるなら
そもそも誰も好きにならないのは並列に並べちゃおかしいですよね
ていうか性自認と好きになる相手の性別がごっちゃになってる気もしますね最近は

あとはやたらと日本人はって言いたがる、国籍にこだわりすぎる。とか。
それはすごくわかる。私も日本人って何が日本人を規定するのか、とは思う。
だけど、じゃあ「日本人でよかった」っていうセリフはおかしいっていわれると
分かる部分もあるけどじゃあどうしろっていうの?とも思う。
それこそ日本は二重国籍認めてないしそういうの遅れてるとかよく言われているけど、
じゃあアメリカの人はAmericanって言わないの?って考えたらむしろめっちゃ言っている気がするし
オリエンタルな見た目の人がむこうにいるとむこう生まれと答えても
Where are you REALLY from?とか言われたりするそうなので結局どこもそんな変わらないんじゃないかな・・・。
なんにせよ○○人の指すものは難しい、むしろ毎回変わるかもしれない、
でもその○○人っていう言い方を「狩って」いったらすごく窮屈で面倒になる気がする。
ハーフの人で自分が何人かわからないし・・・って言う人は結構多い。わからないのはわからないでいい。
けどわからない人たちがいるからっていう根拠でそういう表現全部無くせっていうのは違うと思う。
そもそも明確な定義がない以上、人によってかんたんか難しいかの差はあれど
みんな自分たちでそれを決めて使っているわけで、だから自分の好きなようにしたらいい。
わからないならわからないでもいいし、何が悪いって結局○○人っていう表現じゃなくて
私は○○人ですって言ったときにそれを否定したりする人がいるからだと思う

ある人はその言葉を使っている人に差別的な意図がなくても
そういう背景があるなら気をつけるべきと言っていたけど、たぶん○○人に明確なそういう背景はない。
(仮に○○人にあったとしても、他の今嫌がられつつある単語でそういう経緯がない単語は絶対にあるはず。)
でも使う人によってはそれも差別的に使える(っていう話図書館戦争にあったね、懐かしい)

今まではすでに「差別用語」として広く知られた言葉が問題になることがあったけど
いまはもうそういう単純な区別では立ち行かなくなっている気がする
言う側も言われる側も、気をつけつつ、その反面で神経質になりすぎなくてはいけない、けどそれはきっとひどく難しい
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home