積み本

2016/03/16 18:00
読むだろうとあてをつけていた時期にあまり読まなかったので
借りてきた本が積まれています。もともと借りたからと言って読まなきゃいけないとは
思っていないし自然に手が伸びないようであれば
それはそれでいいと思っているので構わないのですが。
やっぱり興味あって借りてきても小説とかがあるとついそっちにいってしまいます。

んーそして今回は書こうと思ったものの中におえかきがあったので
おえかきを始めたんですけどうっかり最初にかこうとしていたものを忘れて
終わってしまいました。なんじゃそりゃ。


よこむきになっちゃいました。
真ん中は久々に安室ちゃんのbest fictionツアーのカタログ(という名のほぼ写真集的な)
をひっぱりだしてみてたらやっぱりかわいいなーと思ったやつ。
首から書いちゃって無理だったから顔は書いてません
この時はツアーもしかりこのカタログもすごいツボで(実物写真は検索ください)
すごくかわいいんだな本当に りぼんとぴらぴらとかぼうしとかかふすとか色々とにかくよい。
ファンシー全開でとても良いです。安室ちゃんのツアーは個人的に
世界観あり→シンプル→世界観あり→シンプルと交互に来てる気がしていて
もちろんどっちも良いんですけど世界観ありのときは大概衣装やセットが良い感じなので特に楽しみ。
今年やるかな、やるならこの順でいくと世界観ある方がきたらいいな、とか思っています
作り込んだ方じゃなくても、単純にジャケットミニスカートニーハイブーツというあれを
ライブ映像見てるとたまにやりたくなるんですけど、毎度思いとどまります
だってミニスカでヒール高いニーハイブーツ履くと中身見えますもの。階段登れませんもの。
しかも下生足なのが大事なのにニーハイブーツって正直あった買いから冬だし(今持ってないけど)、
冬だったら素足寒いし、どの季節ならいいんだっていう感じしますし。でもいいよね。

あとはあのー、最近かばんを貰って、それでこの間出かけたら色が同色同色で面白いことになったので
書いたんですけど色塗らなかった(意味無い)ちなみに靴とか髪とかは即興なので関係ないです。
ちっちゃいかばんってすごいかわいいと思っているんですが
自分じゃなかなか買えず(気持的に)今に至りって感じだったので喜んでいます
(大きいのも買わないだろうと言われるとまた否定はできないんですけど
それとはまた根本的原因が違うので一応区別してみました。)
もともと小さめのなんだろう肩掛けバック?みたいなのはあったんですけど
あれは私の中で言うちっちゃいかばんとは少し違って、なんていうんですかね
もともと大きいのがミニマムになった感じが良いというか、こう考えてみると
これってミニチュア家具が好きな部分と根底でつながっているかもしれない。

後ろにいるダルメシアンはたまたま街中で見かけてすごい久しぶりに見たなぁー
というのと同時にすごく綺麗だったんですよね。フォルムが。色もだけど。
白がはっきりしていて、体の線もすごく整っていて。
特にダルメシアン好きなわけではないんですが、
背景の町並みから一匹非常に際立っていて印象的な光景でした。
というので書いたんだけどもうこれは露骨に雑なので雑ですね、
あんな場面を見てなんでこうなるよっていう。もっと丁寧にやろうね。

あとは大して意味もないんですけど、りんごは
りんごをおいしいと思った人はそれから毎日りんごを食べなければいけないというルールがある街に住んでいる小人が
ずっとりんごを食べ続けていたとして、
それって今も相変わらず好きで食べ続けているのか、
毎日りんごを食べなければいけないと思っているから飽きないだけなのか、
っていうお話が頭に浮かんでなんとなく足しただけです。
私としてはいくら暗黙の了解があっても飽きるときは飽きるだろうしそしたらやめるだろうし
やっぱり美味しいと思ってるんじゃないかなりんご、って思っています。
というよりそうじゃなかったらなんか悲しいのでそうであってほしい。

今日はいつも以上に話題があっちゃらこっちゃらですが
そういえばこの間チョコペンで飾りをつくったんですよ。
それでクッキングシートに柄を書いたまでは良いがはがす段階で
頭の中ではぺろっとはがれるのを想像していたら
結構ぽきぽきなってしまってすごく大変でした。冷やし方が足りないのだろうか。
一度でいいから成功してみたいです。まだ一回しかやったことないけど 笑
次はなんの柄にしようかな、あれってひと筆書きにしないといけないから
あんまり無計画に始めると事故りそうですよね。
最近また野菜が足りないのでどうにか摂取したい今日この頃です。
唐突に野菜の話しましたが野菜の柄にする気はないですよ!おわり。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home