おだいばこ

2017/06/29 16:19
おだいばこつくってみました。
https://odaibako.net/u/Rena_moo
所謂絵描きさんと違って次から次へとアイディアが湧き溢れるタイプではないけどなにか描きたい、みたいなことが少なからずあるのでなんか投げてくれたら嬉しいです。(絶対描けるとはいってない)
関係ないんですが今日、どこどこ(場所)でそんな事言ったら大変なことになるよ、という趣旨の文の後半を~言ったら村八分にされるよって言ったら村八分でものすごいウケられて(?)びっくりしました。つっこまれてみると自分でも面白いのかもしれないと少し思ったけど冷静になるとやっぱそうでもない。
スポンサーサイト

たたかう

2017/05/10 13:13
おんなのこ

よくファンタジーものにでてくる戦う女の子の装備ってびっくりするくらい危なっかしいですよね。でもファンタジーだもんね。そこでリアリティ追求してもね。戦う女の子風ってやつだね。関係ないけど後ろのすけてる英語がタイトルみたいになってて面白い。武器は純粋に思いつかなかったので書いていない…。
思ったよりタスクがはやくおわったので色もつけてみたけど色々ひどいので私の中にしまっておくことにした。はやくペンタブ買いたい。(決断すればいいだけの話)

ずっと思ってたけど裸足(足の先)があまりうまく書けない。

寝ても覚めても

2017/05/10 00:51
最近寝ても寝ても長い夢を見てしまって、(体感なので実際長いかはわかりませんが)起きた瞬間から疲れていてげんなり朝を迎えることが多いです。そのせいか気持ちもささくれだち気味です。
そんななか、一昨日?昨日?やることすませてからちょっと暇になったので、アナデンやり始めました。順調に楽しみつつ気も紛れて一石二鳥です。どうもリィカのクエストでオヤカタと会話したあたりからリィカが可愛く見えて仕方ない。喜んだ?時に髪の毛のパーツぐるりんこ回してるところとか…。合成人間は心がらみで悩んでましたがアンドロイドはその点どうなっている想定なのか気になります。
その合間に思い立って映画をひとつ、英語音声英語字幕で最初から最後まで一度も日本語にせず頑張りました。題材としても小難しい話ではなかったので細かいところはさておき大体大筋わかったので良かったです。見ながら知らない単語とか単語帳に入れたら良さそうですがそこまでする根気は私に無いかもしれない…。
当たり前ですけど元が英語音声のやつに英語字幕ついてるのってそんなに多くないんですよね。シャーロックとかはちょっと単語が小難しくてきつかった覚えがあって、BONESとか試さなくても想像つきますけど、要はミステリーとかクライム系はあんま向かなそうなので、適当なコメディもので字幕あるもの…今回はたまたまそんなに時間もかからず見つかったのですがまたやるとすると探すのが大変そうです。さすがにまだ字幕外すのはちょっと無理な気がしてならない今日このごろでした。

トムヤムクーン

2017/05/03 22:09
メキシカンもタイ…というかトムヤムクンも割と好きなのにどっちもパクチーの配下にあるのが悲しい…こんばんは。
液タブか板タブか悩みすぎてきまりません。うーーーん…
[トムヤムクーン]の続きを読む

どーん

2017/02/04 22:46
書いてた内容がとんじゃってちょっとショックを受けております。
が、書きます。めげない。

私は洋楽も少し聴くのですがかの有名なビヨンセ様は特に意味はなく聴いたことがなくて、この間Youtubeで初めてRun the world tour?のオープニング?を見たんですが面白かったです。
映像をうまく使ってコラボレーションしながら踊っていて、とくに太鼓のバチ、いやドラムと言うべき?がくるくるまわってるのに合わせて持ってるかのような動きでしかもかなり大きく動くんですがよく合わせられるなと。相当綿密にリハーサルしなきゃ無理だよね?と思って少し驚きました。映像の使い方が面白かったです。

あと、流れでリコメンドにでてきたテイラーのBlank Spaceのライブ映像みたんですが、多分TVかなんかのやつで1曲しかなかったであろうこともありセットの力の入りようがすごかったです。ある時は絵本みたいに、ある時は枠がおりてきて額縁の中の絵みたいに、あるときはさながらマジックみたいなこともしてて、仕掛け面白いなぁーと思いました。なんかもうそういうショーみたいだった。
パントマイム的なのを手だけでぶらさがりながらやってるダンサーさんには驚きました。人間の腕力あなどれないですね。

ちなみにこのあとタイタニックのあれで有名なセリーヌ・ディオンがShow must go onを歌っているのをみつけて、しかもなんだかそれが癖になってしまって最近隙あらば聞いてます。
今回で初めて調べたんですけど、彼女って自分を16だかのときに発掘して歌手としてスターダムに押し上げたマネージャーさんと結婚されてたんですね。
旦那さんを最近亡くしてしまったらしいのですが結構年齢差あって(70台と40台)びっくりしていたらそういう理由でした。
海外のアーティストの人はわりとくっついたり別れたり忙しい人が多い中とても仲が良かったようでインタビューとか見ていたら心が痛んだ…。
そんなこんなでした。
[どーん]の続きを読む